◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
活性水素水の効果、効能
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


活性水素は、健康に害をもたらすと考えられている活性酸素を還元して消滅されると考えられています。
活性酸素は不安定な物質で、酸化力が強く、さまざまな病気の原因だと言われています。
激しい運動、ストレス、疲労、脂肪分の多い食事などで増加すると考えられていますが、実際に活性酸素が健康を害するかどうかはわかっていません。普通、水素というと水素原子が2個結合したもののことですが、活性水素は原子1個だけの状態で存在しているとされています。
活性酸素の逆で、還元力が強いため、活性酸素と結合して、消滅されます。理屈の上では、酸素と水素を化合させてれば水になるということで、それがイオンどうしなら、
勝手に化学反応が起きるということらしいです。
活性水素水というのは、その活性水素が含まれている水のことです。
電解還元水と呼ばれることもあります。
ペットボトルにスティックを入れるだけで、活性水素水を作ることができると言う商品も販売されています。
有名なのはドクター水素水というもので、スティックを2時間いれておくだけで、半年ぐらいもつそうです。
他には浄水器などが販売されています。
また、日田天領水は活性水素を多く含む天然水として販売されています。
あまりに宣伝文句が過剰で、どんな病気でも治ってしまうなどと、いって販売していた会社は違法なので公正取引委員会の排除命令を受けたところもあります。
そんなこともあって、最近では、「本物の」と謳っているものもあります。
何が本物で何が偽物なのかはよくわかりませんが、思い込みでも役に立つのなら、不当な金額でなければよいような気もします。
科学的根拠に乏しいのと、効果、効能を過剰に宣伝しなければ、問題なく、健康効果がある可能性がないとはいえません。
似たようなものに、アルカリイオン水、マイナスイオンなど、大手の会社でも宣伝文句として使っているものもあります。
マイナスイオンは健康によく、プラスイオンは健康に害があるというような考え方が流行していますが、そう考えると、水素イオンは通常、プラスイオンで酸素イオンはマイナスイオンなので、逆なのではないかと思ったりもします。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)活性水素水の効果、効能