◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
首のしこりの原因
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


首のしこりの原因として、最も多いのはリンパ腺の腫れです。
腫瘍のこともありますが、腫瘍の場合は、良性、悪性、両方の可能性があります。
感染症によって、首や喉などが腫れているという場合もあり、原因はいろいろ考えられます。
できてから、2週間位すると、自然と消えてなくなることがあります。
その場合は、感染症などによる炎症の場合が多いです。
2〜3週間たっても治癒しない場合は、治療をしないと治らない可能性があるので、病院へ行って検査を受ける必要があります。
検査を受けて、正確な病名を明らかにしてから、治療に取り掛かります。
しこりだと思っていたら、首がこっていただけだということもあるので、一度、揉み解してみると良いですが、ちょっと押してみて、あきらかに違う場合は、刺激しない方がよいです。
刺激するのはやめて、しばらく様子を見ます。
だた、こっている場合は頭痛があることがあり、首を揉み解すと、頭痛が改善することがあります。
子供に出来ることがよくあり、原因はリンパ節が腫れていることが多いのですが、赤ちゃんでもできることがあるので、とても心配になります。
また、赤ちゃんの場合は、先天性筋性斜頚といって、首のかたむいている側にしこりができることがありますが、これは大抵、生後1〜3ヵ月ごろまで大きくなって、その後、自然となくなります。
原因は不明ですが、胎児の時の姿勢が悪かったためとか、出産時に傷ついたためだとか言われています。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)首のしこりの原因